水産加工用酵素

魚類加工用酵素
魚類加工用酵素

近年の研究では、魚肉タンパク質や遊離アミノ酸に比べて、魚肉タンパク質加水分解物は低分子量の小さなペプチドが豊富に含まれているため、体内で消化吸収されやすく、抗酸化作用、血圧降下作用、脂肪代謝調整作用、免疫力向上作用などの多くの生理機能を持つことが明らかになり、注目を集めています。

魚やエビを加工すると、魚の頭、魚の骨、魚のウロコ、エビの頭、エビの殻など、原材料の重量の30%〜50%程度の大量のクズが発生します。多くの企業がスクラップを廃棄物として処理していますが、これでは貴重な成分を十分に活用できないばかりか、資源の無駄遣いとなり、環境汚染を引き起こします。

タンパク質の酸・アルカリ加水分解などの水産加工酵素は、工程が簡単で低コストというメリットがあるが、製造工程では、酸加水分解では有害物質が発生する。また、アルカリ加水分解の生成物は臭気があり、加水分解の程度をコントロールすることが難しい。これに対し、酵素加水分解の条件はマイルドで、タンパク質の栄養価へのダメージが少なく、加水分解プロセスのコントロールが容易で、タンパク質の加水分解を局所的に行うのに十分な特異性がある。そのため、魚やエビのタンパク質の加水分解は、酵素による加水分解が主流となった。

魚介類用酵素の用途

魚介類加工用酵素-複合プロテアーゼPF116は、魚介類や海老のスクラップの加工に広く使用されています。魚やエビのスクラップのタンパク質を一定の温度とpH値で酵素で処理した後、ポリペプチド、低分子ペプチド、アミノ酸の生成物が得られ、魚やエビのスクラップの処理に広く利用することができます。食品産業や飼料産業の原料として使用され、利用価値が大幅に向上し、タンパク質原料の廃棄物を減らすことができます。

Scroll to Top