Sale!

紙パルプ産業向けクチナーゼ加水分解酵素

$31.99

Availability: 100 in stock

Safe Payment

Pay with the world’s most popular and secure payment methods

Product Support

Backed by an in-house PhD and lab team

Fast Shipping

We use FedEx / DHL / UPS to ship your parcel

1634

製品の説明

紙パルプ産業におけるクチナーゼ酵素加水分解酵素SJ30

クチナーゼSJ30は加水分解酵素のクラスに属し、多機能リアーゼです。クチナーゼSJ30は、不溶性植物クチンのエステル結合の加水分解を触媒するだけでなく、他の脂肪酸エステルにも作用します。

繊維産業では、綿繊維の生物学的精練および合成繊維。

製紙業界では、古紙のパルプ化プロセスで生成される接着剤(OCC、MOW、OMG、ONP)と、軟材原料のパルプ化で生成される樹脂バリアが優れた制御効果を発揮します。 。

物理的および化学的特性

外観茶色の液体
密度1-1.12g / ml
においわずかな発酵臭
溶解性水に溶ける

アプリケーション

投与量10-2000g / T(ドライファイバー)
pH6.0-9.0
温度45〜65℃
反応時間45〜90分

製品の利点

パッケージ

1kg /ユニット

保管と保管寿命

1。直射日光を避け、気温が低い涼しい場所に保管してください25℃。

2。保管条件に応じて6〜9か月。保管条件に応じて6〜9か月。

他の名前

ケラチナーゼ

使用法

製紙薬品

温度

45〜65℃

原産地

河北省、中国

純度

99.9%

外観

液体

CAS番号

9014-01-1

茶色

タイプ

エンザイム

EINECS番号

000-000-0

分類

化学補助剤

pH

6.0-9.0

MF

ヌル

におい

わずかな発酵臭

Shopping Cart
0

カートは空です