Sale!

醸造時の寒さ対策 – プロテアーゼ酵素 CAS 232-642-4

¥55.496,00

供給能力:100000トン/月
他の名前 プロリンプロテアーゼ
温度 0℃~60℃、最適温度20℃~45℃
FEMA No.:NULL
活性:25u/ml
外観:液体
CAS番号:9040-76-0
色 ライトブラウン
タイプ 酵素製剤,香料
EINECS No.:232-642-4
pH:3.5~7.0、最適は4.5~6.0
臭気 通常の微生物の発酵臭
包装の詳細 包装仕様:25L/ドラム、1,125L/ドラム、またはお客様のご要望に応じて

有効: 在庫100個

製品の説明

食品グレードの液体プロテアーゼ酵素で、タンパク質の低温濁りを防止します。

ご紹介

プロテアーゼ(エンドプロテアーゼ)は、Aspergillus nigerの水中発酵により生産され、その後精製・製剤化されます。プロテアーゼ(エンドプロテアーゼ)は、Aspergillus nigerの水中発酵により生産され、精製・製剤化されます。このユニークな特性は、コールドヘイズを防ぎ、非生物学的安定性を向上させるために、醸造および飲料において非常に有益です。

メカニズム

ビールや飲料のコールドヘイズは、主にヘイズに敏感なタンパク質とポリフェノールの相互作用によって形成されますが、ここにはペプチド中のプロリンが関与しています。プロリン特異的プロテアーゼは、アミノ酸が形成するペプチド結合を特異的に攻撃することで感度を修正し、ヘイズの形成を防ぐことができます。プロリン特異的プロテアーゼは、アミノ酸が形成するペプチド結合を特異的に攻撃することで感度を変え、ヘイズの形成を防ぐことができます。

製品の規格

本製品は、GB1886.174に準拠しています。

No. ITEMS INDEX
1 バルク密度/(g/ml) 1.05-1.20
2 pH/(25℃) 3.5-5.5
3 鉛/(mg/kg) ≤5.0
4 ヒ素/(mg/kg) ≤3.0
5 Total viable count/(CFU/mL) ≤50000
6 Coliform Bacteria/(CFU/mL) ≤30
7 大腸菌 (CFU/mL)〜1 <10
(MPN/mL) ≤3.0
8 サルモネラ/(25mL) 検出されなかった

応用編

ビールのコロイド安定性向上 この酵素は、ビールの泡立ちや健康への影響を与えることなく、ビールのコールドヘイズ防止のためにPVPPの代替として使用することができます。

ジュースや飲料の清澄化 同様に、本酵素はプロリン含有タンパク質のヘイズ感受性を損傷することにより、コールドヘイズの問題を解決し、ジュースや飲料製品の保存期間安定性を延長するために適用することもできます。

推奨される投与量

推奨添加量は、0.01~0.5kg/t DSです。投与量は、各用途、原料の仕様、製品の期待値、処理パラメータに基づいて最適化する必要があります。使いやすい量からテストを始めるのが良いでしょう。

注意事項

微生物の感染や酵素の不活性化を防ぐために、使用後は必ず密封してください(終了まで)。

安全性について

酵素製剤はタンパク質であるため、感受性の高い人に感作を誘発し、アレルギー性の症状を引き起こす可能性があります。長時間の接触により、皮膚、目、鼻の粘膜に軽度の刺激を与えることがあります。人体に直接触れることは避けてください。万が一、皮膚や目に刺激やアレルギー反応が現れた場合は、医師に相談してください。

パッケージ DAN STORAGE

パッケージ:25kg/drum.

保存方法:直射日光を避け、乾燥した涼しい場所に密封して保存してください。

賞味期限:乾燥した涼しい場所で12ヶ月。

その他の名称

プロリンプロテアーゼ

使用温度

0℃-60℃,Optimum20℃-45℃

包装形態

包装の指定: 25L/drum; 1,125L/drum またはあなたの要求として

供給能力

月あたり100000トン/トン

外観

液体

CASいいえ。

9040-76-0

ライトブラウン

種類

酵素製剤、香味料

EINECS No.

232-642-4

pH

3.5~7.0、最適は4.5~6.0

臭気

通常の微生物の発酵臭

Scroll to Top