Sale!

ハラール認定液体ベータグルコシダーゼ酵素Cellobiase酵素CAS 9001-22-3

¥10.428,00

CAS番号:9001-22-3
その他の名称 セロビアーゼ
タイプ 酵素製剤、香料
外観 液体
色 色:ライトブラウン
活性: 4,000u/ml
臭気 通常の微生物の発酵臭
温度 35℃~68℃, 最適50℃~65℃
pH:3.5~6.0、最適4.0~5.0

有効: 在庫98個

商品の説明

食品グレードの液体ベータグルコシダーゼ酵素セロビアーゼハラール認定

ご紹介

本製品は、厳選された真菌株を水中で発酵させた後、精製して製剤化したものです。Cellobiaseはβ-glucosidaseとも呼ばれ、アートナンバーはBGLです。β-D-グルコシドヒドロラーゼまたはゲンチオビアーゼのファミリー名を持つ加水分解酵素である。また、トランスグリコシダーゼ活性も示します。

メチャニズム</h3

セロビアーゼ(β-グルコシダーゼ)はセルロース分解酵素の一つで、セロビオースやセロオリゴ糖に作用し、エクソグリカナーゼやエンドグルカナーゼとともにセルロースを完全に加水分解してグルコースに変換する。さらに、この酵素は配糖体のβ-グリコシド結合を分解して、グルコースをアグリコンから取り除くことができる。植物エキスや食品に含まれる機能性成分の前駆体の多くは配糖体である。セロビアーゼはこれらの前駆体に働きかけ、目的の機能性成分を遊離させることができる。

製品の規格</h3

本製品は、GB1886.174に準拠しています。

No. ITEMS INDEX
1 バルク密度/(g/ml) 1.05-1.20
2 pH/(25℃) 3.0-5.0
3 鉛/(mg/kg) ≤5.0
4 ヒ素/(mg/kg) ≤3.0
5 Total viable count/(CFU/mL) ≤50000
6 Coliform Bacteria/(CFU/mL) ≤30
7 大腸菌 (CFU/mL) <10
(MPN/mL) ≤3.0
8 サルモネラ/(25mL) 検出されなかった

APPLICATION

ゲンチオール糖の生成。グルコース転移酵素の活性を利用して、グルコースからゲンチオールゴ糖を生成する。

セルラーゼブースター。セルラーゼを補うことで、セルラーゼの性能を効果的に20%もアップさせることができます。

アロマリリース。お茶や果物、野菜などに含まれる香りの前駆体(グリコシド)から糖類を取り除くことで、香り(アグリコン)を放出しやすくします。

脱臭効果 ラートリルをベンズアルデヒド、青酸、2分子のグルコースに分解し、苦味を大幅に減少させます。

植物エキス:ポリダチンの収率を向上させます。

推奨される投与量

推奨投与量は、0.1~5kg/t DSです。投与量は、各用途、原料の仕様、製品の期待値、処理パラメータに基づいて最適化する必要があります。使いやすい量からテストを始めるのが良いでしょう。

パッケージ DAN STORAGE

パッケージ:25kg/drum.

保存方法:直射日光を避け、乾燥した涼しい場所に密封して保存してください。

賞味期限:乾燥した涼しい場所で12ヶ月。

安全性

酵素製剤は、感受性の高い人に感作を誘発し、アレルギー性の症状を引き起こす可能性のあるタンパク質です。長時間の接触により、皮膚、目、鼻の粘膜に軽度の刺激を与えることがあります。人体に直接触れることは避けてください。万が一、皮膚や目に刺激やアレルギー反応が現れた場合は、医師に相談してください。

その他の名称

セロビアーゼ

温度

35℃-68℃,Optimum50℃-65℃

外観

液体

CAS No.

9001-22-3

ライトブラウン

ハラール認証を取得しています。

有効期限:2019年7月23日から2021年6月23日まで

タイプ

酵素製剤、香味料

pH

3.5~6.0、最適は4.0~5.0

匂い

通常の微生物の発酵臭

Scroll to Top