Sale!

プルラナーゼ酵素液 グルコースとマルトースシロップ製造時のデンプン加水分解用

¥4.059,00

有効: 在庫100個

製品概要

でんぷん糖業用の食品グレードのプルラナーゼ ウルトラP2

ご紹介

本製品は、枯草菌の水中発酵後、精製・製剤化して製造されます。本製品は、低pHで働くことができる熱安定性のあるデブランチ酵素であり、デンプン糖化プロセスで広く使用されています。

製品の特徴

宣言された活動 2000 u/ml
プロダクション・オーガニズム 枯草菌
物理的な形態 液体
Brown ,色はバッチごとに異なる場合があります。色の濃さは酵素の活性を示すものではありません
酸っぱい〜1 通常の微生物による発酵臭です。

単位の定義。プルラナーゼの1ユニットは、pH5.8, 50℃で1分間に1µmolの還元糖(グルコースとして計算)をプルランから遊離させるのに必要な酵素量に相当します。

色:色はバッチごとに異なる場合があります。色の濃さは酵素活性を示すものではありません。

製品規格

本製品は、GB1886.174に準拠しています。

No. ITEMS INDEX
1 バルク密度/(g/ml) ≤1.20
2 pH/(25℃) 3.0-6.0
3 鉛/(mg/kg) ≤5.0
4 ヒ素/(mg/kg) ≤3.0
5 Total viable count/(CFU/mL) ≤50000
6 Coliform Bacteria/(CFU/mL) ≤30
7 大腸菌 (CFU/mL)〜1 <10
(MPN/mL) ≤3.0
8 サルモネラ/(25mL) 検出されなかった

メチャニズム

プルラナーゼはイソアミラーゼの一種であり、プルラン、デンプン、オリゴ糖のα-1,6-グルコシド結合を選択的に加水分解することができ、分岐したデンプンの完全な加水分解を可能にします。他の酵素(グルコアミラーゼ、β-アミラーゼ)と一緒に糖化を促進し、グルコースやマルトースの収量を増加させる。

アプリケーションの推奨事項

グルコースシロップ。投与量は乾燥デンプン1トンあたり0.2-0.3Lを推奨する。プルラナーゼとグルコアミラーゼを併用して糖化することができます。プルラナーゼを使用すると、グルコアミラーゼの使用量を減らしてアミロペクチンの含有量を減らし、グルコースの収率を向上させることができる。

高マルトースシロップ。乾燥デンプン1トンあたり1~2Lの使用が推奨される。プルラナーゼと真菌α-アミラーゼを一緒に糖化工程に使用することができます。プルラナーゼを使用することでマルトースの収率が向上し、マルトース含有率70%のマルトースシロップを製造することができる。

投与量は、それぞれの用途、原料の仕様、製品の期待値、処理パラメータに基づいて最適化する必要があります。使いやすい量からテストを始めるのが良いでしょう。

パッケージ DAN STORAGE

パッケージ:25kgs/drum、1,125kgs/drum。

保存方法:直射日光を避け、乾燥した涼しい場所に密封して保存してください。多少の沈殿は製品の性能に影響を与えないので許容範囲とする。

賞味期限:乾燥した涼しい場所で12ヶ月。

安全性

酵素製剤は、感受性の高い人に感作を誘発し、アレルギーのような症状を引き起こす可能性のあるタンパク質です。

長時間の接触により、皮膚、目、鼻の粘膜に軽度の刺激を与えることがあります。人体に直接触れることは避けてください。万が一、皮膚や目に刺激やアレルギー反応が出た場合は、医師に相談してください。

その他の名称

プルラナーゼ

使用温度

40℃-65℃,Optimum50℃-60℃

原産国

中国寧夏

包装の詳細

包装仕様:25L/ドラム、1,125L/ドラム、またはお客様のご要望に応じます。

販売単位

単品

FEMA No.

ヌル

単品パッケージサイズ

29X15X18cm

モデル番号

プルラナーゼウルトラP2

外観

液体

CAS No.

9075-68-7

茶色

ブランド名

サンソン

種類

酵素製剤、香料

EINECS No.

ヌル

単一総重量

1.15KG

pH

3.5~6.0、最適は4.0~5.0

MF

無効

臭気

通常の微生物による発酵臭

Scroll to Top