Sale!

蒸留用ペクチナーゼ酵素 – Enzyme For Distilleries

¥4.659,00

有効: 在庫100個

製品概要

白ワイン醸造用複合酵素の製造・供給

ご紹介

本製品は、FCCに準拠した培養・精製・抽出技術を用いて、先進的な株から開発されています。ペクチナーゼは、ジュースやワイン業界向けに特別に設計されています。

1単位の定義</h3

ペクチナーゼの1ユニットは、1g(1ml)の酵素製剤が50℃、pH3.5で1時間あたり1mgのガラクツロン酸を得るためにポリガラクツロン酸を加水分解する量に相当します。

特徴

プロダクション・オーガニズム アスペルギルス・ニガー(Aspergillus niger)
物理的な形態 液体
Brown ,色はバッチごとに異なる場合があります。色の濃さは酵素の活性を示すものではありません
酸っぱい〜1 通常の微生物による発酵臭です。

仕様

ITEM 下限 上限値
リード 5 mg/kg
ヒ素 3 mg/kg
総生菌数 50,000 CFU/g
Coliform Bacteria(大腸菌群) 30 CFU/g
大腸菌 10 CFU/g 3 MPN/g
サルモネラ菌 検出されませんでした/25g

投与量

推奨される投与量は、全原料1トンあたり酵素製剤0.02~0.1Lで、マッシングまたはジュースの清澄化の際に添加します。ただし、最適な添加量は、果物の品種、成熟度、特定のプロセスパラメータによって異なるため、さまざまな添加量をテストして決定する必要があります。

パッケージ DAN STORAGE

パッケージ

</h3

パッケージの仕様:25L/ドラム、1,125L/ドラム、またはお客様のご要望に応じて。

ストレッジ

Best Before 推奨された方法で保存した場合、製品はお届け日から6ヶ月以内に使用するのが最適です。
Shelf Life 6ヶ月間25℃で保存した場合、活性は85%以上維持されます。保存期間終了後、投与量を増やしてください。
ストレージの状態 本製品は、日射しや高温多湿を避け、涼しく乾燥した場所に密封して保管してください。本製品は、最適な安定性を得るために配合されています。長期間の保管や、高温多湿などの悪条件下では、必要量が増加する可能性があります。

適用方法

ブドウの品種、収穫時期、成熟度は様々であるため、ワインメーカーは地域の実情に合わせて使用量を決定する必要があります。ブドウがしぼんでいない状態(固くて絞りにくい状態)では、アミルムが多く含まれているENZYMES.BIOの別製品「Formulated Enzymes for Fruit Slurry」をお勧めします。成熟した果物や長期保存された果物は、多糖類が細胞壁から徐々に解離していきます。ペクチンの含有量も増えますので、このような場合には投与量を適宜増やす必要があります。

安全性について

酵素製剤はタンパク質であるため、感作された人には感作を誘発し、アレルギー型反応を引き起こす可能性があります。長時間の接触により、皮膚、目、鼻粘膜に軽度の刺激を与えることがあるので、人体に直接触れることは避けてください。皮膚や目に刺激やアレルギー反応が現れた場合は、医師に相談してください。

その他の名称

ペクターゼ

使用温度

20℃-60℃,Optimum40℃-50℃

起源の場所

寧夏、中国

FEMA No.

ヌル

モデル番号

サンソンWEM

外観

液体

CAS No.

9032-75-1

茶色

ブランド名

サンソン

種類

酵素製剤、香味料

EINECS No.

232-885-6

pH

3.0~6.8、最適は3.0~5.0

MF

C18H37N(CH3)2

臭気

通常の微生物による発酵臭

Scroll to Top