Sale!

Enzymes For Wine Making: ペクチナーゼ、セルラーゼ、ヘミセルラーゼ、ベータグルカナーゼ、アミラーゼ、プロテアーゼコンプレックス

¥4.537,00

有効: 在庫98個

赤ワイン用酵素

ENZYMES.BIO WEM-007

赤ワイン用に開発された酵素

ENZYMES.BIO® WEM-007は、FCCに準拠した培養・発酵・抽出技術により、先進的な株から開発されています。アスペルギルス・ニガーから培養されたものです。

本製品は、FDA、WHO、UECFAの基準に準拠して製造されています。

主な成分。ペクチナーゼ、セルラーゼ、ヘミセルラーゼ、β-グルカナーゼ、アミラーゼ、プロテアーゼ。

ペクチナーゼ活性:5,000,000 u/ml

製品:液体酵素 25kg/ドラム(食品グレード)

作用原理:本酵素製剤では、ペクチナーゼにα-1, 4-ガラクツロン結合を分解するペクチンエステラーゼとデポリメラーゼを配合しています。デポリメラーゼに含まれるエンドペクチントランセリミナーゼとエンドポリガラクツロナーゼは、ブドウジュースの清澄化に大きな効果を発揮します。ブドウ果汁中のペクチンを分解して粘度を下げます。

セルラーゼとヘミセルラーゼは、ペクチン中のポリガラクツロン残基を加水分解し、細胞壁を溶解します。これらは、ブドウ果汁の完全な清澄化と安定性の創出にも役立ちます。

有効性:

    <li

  1. ブドウ果汁中のペクチンや様々な沈殿物を完全に分解し、ブドウ果汁を素早く清澄化する
  2. グレープジュースの粘度を700BX以上の濃度に低下させる
  3. 限外ろ過のスピードアップ、限外ろ過膜の洗浄回数の減少
  4. 濁りの発生を効果的に防止し、備蓄期間中の安定性を確保する
  5. 赤ワインの風味と色を豊かにする

投与量 0.01~0.06 L.

塗布方法。

ブドウの品種、「摘み取り」のタイミング、成熟度などが多様であるため、ワインメーカーは実際の地域の状況に応じて投与量を定義する必要があります。ブドウがスクイーズでない(固くて絞りにくい)場合は、アミルムを多く含むENZYMES.BIOの別製品「果実スラリー用フォーミュレート・エンザイム」をお勧めします。成熟した果物や長期保存された果物は、多糖類が細胞壁から徐々に解離していきます。ペクチンの含有量も増えますので、このような場合には投与量を適宜増やす必要があります。

備考:

温度範囲:20~60℃、最適温度は40~50℃です。

pHの範囲:3.0~5.5。

保存方法 本製品は、涼しく乾燥した場所で輸送・保管してください。1

0℃で、日光の当たらない場所で保管してください。この保存条件では、保存期間は18ヶ月です。

その他の名称

フルーツジュース用酵素

使用温度

20~60℃、40~50℃で最適。

原産国

中国寧夏

梱包形態

25 KG/DRUM

ポート

CMP

酵素活性

≥5,000,000 u/ml

FEMA No.

ヌル

モデル番号

サンソンWEM-007

供給能力

100トン/月

CAS No.

ヌル

支払条件

L/C、T/T、ウェスタン・ユニオン

ブランド名

サンソン

種類

酵素製剤

EINECS No.

ヌル

pH

3.0~5.5.

MF

ヌル

パッケージング

25kg/ドラム

Scroll to Top