Sale!

ハラール認定キシラナーゼ ヘミセルラーゼ酵素活性 10000U/g ~ 300000U/g CAS 9025-57-4

¥1.590,00¥7.501,00

厳選されたPenicilliumの深層発酵培養物から抽出され、精密ろ過、限外ろ過、真空凍結乾燥技術を経て製造される

CAS:9025-57-4
活性:10,000U/g~300,000U/g

商品名:キシラナーゼ ファミリーGH5、10、11 主な成分 キシラナーゼ、グルコース(賦形剤) 製品仕様 10,00000,000U/g(お客様のご要望に応じて配合可能) 製品特性:薄黄色の粉末 賞味期限:開封後12ヶ月

製品概要:

厳選されたPenicilliumの深層発酵培養物から抽出し、精密ろ過、限外ろ過、真空凍結乾燥技術を経て得られる 酵素群。主に植物の細胞壁に含まれるキシランを分解してキシロオリゴ糖やグルコースを生成するのに用いられ、醸造業や飼料産業で利用されている。水に溶けやすく、水溶液は米ぬか色の液体です。

作用機序:

キシラナーゼには、β-1,4-endo-xylanase、β-xylosidase、α-L-arabinosidaseなどがあります。自然界に存在する大量のキシラン様ヘミセルロースを分解することができます。キシラン分子のβ-1,4-グリコシド結合を加水分解することで、低分子オリゴ糖やキシラン二糖などのオリゴ糖に分解することができる。β-キシロシダーゼは、オリゴ糖の末端を加水分解することで、キシロース残基の遊離を触媒し、他の酵素との相乗作用により、最終的にキシランを単糖に変換する。アプリケーション 植物の抽出。キシランは、植物の細胞壁に含まれる不均一な多糖類で、植物細胞の乾燥重量の約15%~35%を占め、植物のヘミセルロースの主成分である。キシラナーゼは、キシランを分解して細胞内の物質を溶出させることで、植物の抽出・加工に応用できる。酵素抽出は、従来の方法に比べて、低温、高効率、無公害などの利点があります。漢方薬の抽出 漢方薬の組成は複雑で、さまざまな有効成分のほか、効果のない成分や毒性のある成分も含まれています。治療効果を高めるためには、有効成分を最大限に抽出することである。キシラナーゼは、多くの植物の細胞壁を穏やかに分解し、細胞内物質を放出することができるため、有効成分の抽出・分離・精製が容易になります。これにより、従来の高温高圧法に比べ、有効成分へのダメージを軽減し、抽出時間を短縮することができます。製パン業。キシラナーゼは、小麦粉の多糖類結合中のβ-1,4-グリコシド結合を加水分解することができる。キシラナーゼを使って小麦粉を処理すると、生地中の糖の低分子の含有量を増やし、酵母のガス発生量を増加させることができ、その結果、パンの栄養と品質を向上させることができる。また、この酵素は「小さい」「色が薄い」「老化しやすい」などの問題を解決するためにも使われています。栄養の強化。キシラナーゼは、セルラーゼなどの他の細胞壁分解酵素と組み合わせることで、植物性食品の細胞壁の分解を助け、消化性を高め、栄養素をより完全に放出することができる。また、様々な植物由来の栄養補助食品に添加することで、消化・吸収を促進しながら効果を高めることができます。飼料加工。穀物、豆類、小麦、加工副産物などの一般的な家畜用飼料には、多量のヘミセルロースが含まれています。キシラナーゼは、飼料中の非デンプン性多糖類(NSPS)を重合度の小さいオリゴ糖に分解し、飼料の性能を向上させることができる。飼料にキシラナーゼを添加することで、飼料の栄養価を効果的に向上させ、家畜や家禽の体重増加を促進する役割を果たすことができます。使用するための条件 有効温度範囲: 20~60℃ pH: 3.5~6.0 最適温度範囲: 45~50℃ pH: 4.0~5.0 45~50℃pH:4.0~5.5その他の影響因子:酸化剤による阻害、還元性物質による活性化。添加量:推奨添加量0.1~0.3%、基質の種類、濃度、反応条件などにより、生産状況に応じて添加量を決定します。製品の規格 本製品は、食品化学大綱(FCC)、食品安全国家基準 GB1866.174-2016、キシラナーゼ製剤QBT 4483-2013に準拠しています。 汚染物質の限界値と微生物の指標

アイテム インデックス テスト方法
鉛(Pb)/(mg/kg) 5.0 GB5009.75またはGB5009.12
総ヒ素(As)/(mg/kg) 3.0 GB5009.11
総コロニー数/(CFU/g or CFU/mL) 50000

GB4789.2

Coliform/(CFU/g or CFU/mL)≤30GB4789.3大腸菌(Escherichia coli)CFU/gまたはCFU/mL<10  GB4789.38MPN/gまたはMPN/mL≤3.0サルモネラ菌(25gまたは25mL)チェックアウトしてはいけないGB4789.4

バイタリティの定義。1g 酵素粉末(または1ml 酵素溶液)を50℃、pH4.8 条件で、1%キシラン溶液を1分間 加水分解して1μg キシロースを生成したときの酵素量1 xylanase viability unitです。保存方法 密封、遮光、低温保存、最適保存温度(2-8℃) 参考:4℃密閉で24ヶ月、15℃で18ヶ月、室温で12ヶ月 酵素製剤は生物学的に活性な物質であり、重金属イオン(Fe3+、Cu2+、Hg+、Pb+など)や酸化剤の阻害・破壊作用を受けやすいので、保存や使用の際には避けるべきである。長期間の保存や好ましくない保存条件では、程度の差こそあれ酵素活性が低下します。温度や湿度が高すぎる場合は、使用時に使用量を適切に増やす必要があります。安全性について 酵素はタンパク質であり、酵素添加食品を摂取することは、一般的に体に良いとされるタンパク質を含む食品を食べることと同じです。一部の敏感な人にとっては、高濃度の酵素パウダーやミストの飛沫を直接摂取するとアレルギーを起こす可能性があり、長時間の暴露は皮膚、目、粘膜組織を刺激する可能性があります。作業中は、マスクや目の保護具などの保護具を着用することをお勧めします。残った酵素粉やこぼれた酵素粉は時間をおいて廃棄し、多量にこぼれた酵素粉は静かに容器に戻し、少量の酵素粉は掃除機で吸い取るか、水で濡らしてきれいにする。

重さ 該当なし
Scroll to Top