Sale!

バイオエタノール製造用セルラーゼ酵素 CAS 9012-54-8

¥5.075,00

有効: 在庫100個

製品概要

バイオエタノール用液状バイオセルラーゼ

ご紹介

ENZYMES.BIO 酸性セルラーゼ(CFB3S)は、前処理されたリグノセルロース材料から発酵可能な糖に変換するために特別に使用される酵素です。

ENZYMES.BIOのセルラーゼ(CFB3S)は、エンドセルラーゼ、エキソセルラーゼ、βグルコシダーゼなどをバランスよく含んでいます。リグノセルロースを効率的に分解し、リグノセルロースの利用率とアルコール収率を高め、エタノール製造の総コストを大幅に削減することができます。

処理条件

酵素の活動状況 CMC≥4500 u/ml; キシラナーゼ≥7000 u/ml; β-グルコシダーゼ≥3000 u/ml
見た目の特徴 スナッフの色
オドロキ 軽い発酵臭

ベネフィット</h3
<加水分解時間の短縮 酵素投与量の削減 全固形物負荷の増加 前処理の厳しさの軽減 優れたプロセスと基質の汎用性 バイオマスから糖への変換率の向上 エタノール製造の総コストを大幅に削減

投与量</h3

セルロースに対して0.8~2.0%。前処理するリグノセルロース原料の品質や技術的条件等により、最適な添加量を決定する必要があります。

保存方法

1

低温で乾燥した場所に保管してください。日射しや湿気を避けてください。

冷蔵庫の寿命

25℃、6ヶ月間、酵素活性は90%以上維持されます。賞味期限後は投与量を増やしてください。

パッケージとシェルフリ

25kg/drum、1125kg/drum、1000kg/drum

安全性について

酵素製剤はタンパク質に属するため、感作された人には感作を誘発し、アレルギー型反応を引き起こす可能性があります。長時間の接触により、皮膚、目、鼻の粘膜に軽度の刺激を与えることがありますので、人体に直接触れることは避けてください。皮膚や目に刺激やアレルギー反応が現れた場合は、医師に相談してください。

その他の名称

バイオセルラーゼ

用量

セルロースの0.8~2.0

使用方法

アルコール

使用温度

30~70℃、最適温度45~65

原産国

中国、寧夏

純度

99.9%

モデル番号

CFB3S

外観

液体

CAS No.

9012-54-8

スナッフカラー

ブランド名

サンソン

種類

酵素

EINECS No.

ヌル

分類

化学助剤

pH

3.5~7.0、最適は4.5~5.5

MF

無効

臭気

わずかな発酵臭

Scroll to Top