-30%

ビール醸造用酵素「プルラナーゼ

#1 best sellers in ビール醸造用酵素 last month.

US$40.99

有効: 在庫100個

Safe Payment

Pay with the world’s most popular and secure payment methods

Support 24/7

Round-the-clock assistance for a smooth shopping experience.

Fast Shipping

We use FedEx International Priority to ship your parcel.

Only 100 left, hurry up.
Shipping is available in アメリカ合衆国 (US).

製品概要

ビール醸造業界向けの食品グレードのプルラナーゼ ENZYMES.BIO PUL2

イントロダクション

本製品は、Bacillus Licheniformisの深層発酵によって得られたもので、ビール、デンプン糖、グルタミン酸ナトリウム、アルコール産業などの製造に広く使用されています。この酵素は、熱的に安定した低pHのデブランチ酵素(デンプンα-1,6-グルコシダーゼ)であり、α-1,6-グルコシド結合を加水分解し、分岐鎖デンプンに効果的に影響を与え、他の酵素(グルコアミラーゼ、真菌α-アミラーゼ)に働きかけることができます。

1単位の定義</h3

プルラナーゼの1ユニットは、pH5.8、50℃で1分間に1μmolの還元糖(グルコースとして計算)をプルランから遊離させるのに必要な酵素量に相当します

製品の特徴

宣言された活動 2000 u/ml
プロダクション・オーガニズム 枯草菌
物理的な形態 液体
Brown ,色はバッチごとに異なる場合があります。色の濃さは酵素の活性を示すものではありません
酸っぱい〜1 通常の微生物による発酵臭です。

仕様

ITEM 下限 上限値
エニメの活動 2000u/ml
Lead 5 mg/kg
ヒ素 3 mg/kg
総生菌数 50,000 CFU/g
Coliform Bacteria(大腸菌群) 30 CFU/g
大腸菌 10 CFU/g 3 MPN/g
サルモネラ菌 検出されませんでした/25g

DOSAGE

ビールの製造に。全原料1トンあたり0.4~0.8Lの酵素製剤を使用することを推奨します。プルラナーゼはアミロペクチンの含有量を減らし、ドライなビールを製造することができます。ブドウ糖の製造において。乾燥デンプン1トンあたり0.35~0.6Lの投与が推奨される。プルランセとグルコアミラーゼは糖化工程で使用される。プルランセを使用することで、アミロペクチンの含有量を減らしてグルコースの収率を向上させ、グルコアミラーゼの使用量を減らすことができる。マルトースの製造に使用する。乾燥デンプン1トンあたり1~2Lの使用が推奨されます。プルラナーゼとα-アミラーゼは、糖化工程で併用することができます。プルラナーゼを使用することでマルトースの収率が向上し、マルトース含有率70%のマルトースシロップを製造することができる。

パッケージ DAN STORAGE

パッケージ

</h3

包装仕様:25L/ドラム、1,125L/ドラム、またはお客様のご要望に応じます。

ストレッジ

Best Before 推奨された方法で保存した場合、製品はお届け日から6ヶ月以内に使用するのが最適です。
Shelf Life 25℃で6ヶ月間、活性は90%以上維持 12ヶ月間、活性は80%以上維持 賞味期限後、投与量を増やす。
ストレージの状態 本製品は、日射しや高温多湿を避け、涼しく乾燥した場所に密封して保管してください。本製品は、最適な安定性を得るために配合されています。長期間の保管や、高温多湿などの悪条件下では、必要量が増加する可能性があります。

SAFETY

酵素製剤はタンパク質であるため、感作された人には感作を誘発し、アレルギー型反応を引き起こす可能性があります。長時間の接触により皮膚、目、鼻の粘膜に軽度の刺激を与える可能性があるので、人体に直接触れることは避けてください。皮膚や目に刺激やアレルギー反応が現れた場合は、医師に相談してください。

その他の名称

プルラナーゼ

温度

40℃-65℃,Optimum50℃-60℃

原産国

寧夏、中国

FEMA No.

ヌル

モデル番号

PL-01L

外観

液体

Nutrizyme MN10の活性

2000u/ml

CAS No.

9075-68-7

ブラウン

ブランド名

サンソン

HALAL認証を取得しています。

有効期限:2019年7月23日から2021年6月23日まで

種類

酵素製剤、香味料

EINECS No.

null

pH

3.5~6.0、最適は4.0~5.0

MF

無効

臭気

通常の微生物による発酵臭

Scroll to Top