Sale!

液状真菌性α-アミラーゼ酵素 CAS 9013-01-8

¥5.092,00

外観。液体
色:茶色
CAS番号:9013-01-8
活性:20,000u/ml
におい わずかな発酵臭
個数:1L
賞味期限:12ヶ月

有効: 在庫100個

製品概要

Fungal α-amylaseは、Aspergillus Oryzaeを水没発酵させた後、精製して製剤化したものです。この製品は、デンプンを解重合してデンプンを液状化し、粘度を低下させ、副作用もほとんどありません。

作用機序と製品規格

真菌のα-アミラーゼはエンド型のα-アミラーゼで、ゼラチン化したデンプンや可溶性デキストリンのα-1,4-グルコシド結合をランダムに加水分解し、デンプンスラリーの高粘度を低下させ、O型オリゴ糖と少量のデキストリンを生成します。

製品規格

本製品は、GB1886.174に準拠しています。

No. ITEMS INDEX
1 バルク密度/(g/ml) 1.05-1.20
2 pH/(25℃) 3.5-5.5
3 鉛/(mg/kg) ≤5.0
4 ヒ素/(mg/kg) ≤3.0
5 Total viable count/(CFU/mL) ≤50000
6 Coliform Bacteria/(CFU/mL) ≤30
7 大腸菌 (CFU/mL) <10
(MPN/mL) ≤3.0
8 サルモネラ/(25mL) 検出されなかった

リアクションパラメータ

CONDITION RANGE
最高温度 50℃-65℃
最適なpH 4.5-6.0
アクチベーター Ca2+
インヒビター Fe2+、Ba2+、Cu2+、Mn2+、Fe3+

応用のすすめ

マルトースシロップの製造。15-0.3L/t DSまたはマルトース含有率54%以下のシロップ。

醸造:マッシュイン時に2-0.4L/t DSを使用し、抽出液の収量と発酵可能な糖度を向上させ、チルヘイズの形成を防ぐ。発酵中に0.002-0.004L/t DSを使用し、チルヘイズを防ぎ、0.02-0.1g/t DSを使用して残糖度を下げる。

パン・肉まん用途。002-0.01L/トンの小麦粉。キシラナーゼと併用されることが多い。

ご注意ください。投与量は、各用途、原料の仕様、製品の期待値、処理パラメータに基づいて最適化する必要があります。便利なものからテストを始めるのが良いでしょう。

安全性について

酵素製剤はタンパク質であるため、感受性の高い人には感作を誘発し、アレルギー性の症状を引き起こす可能性があります。長時間の接触により、皮膚や目、鼻粘膜に軽度の刺激を与えることがありますが、人体に直接触れることは避けてください。長時間の接触により、皮膚や目、鼻粘膜に軽度の刺激を与えることがあります。

保存方法と賞味期限

パッケージ:25kg/ドラム。

保存方法:直射日光を避け、乾燥した涼しい場所に密封して保存してください。多少の沈殿は製品の性能に影響を与えないため、許容されます。

賞味期限:乾燥した涼しい場所で12ヶ月。

HALAL認証を取得しています。

有効期限:2019-07-23~2021-06-23

CAS番号

9013-01-8

保存期間

12ヶ月

外観

液体

匂い

ほのかな発酵の香り

個数

1L

ブラウン

Scroll to Top